SNS

Instagram、ダイレクトメッセージの編集機能や開封確認機能、ピン留め機能など新機能を導入

Instagram メッセージの編集機能

Meta社は、現地時間2024年3月4日、Instagramにおいて、ダイレクトメッセージ(DM)の編集機能などの新機能を導入することを発表しています。

Instagramのダイレクトメッセージの新機能一覧

今回新たに導入された機能は以下の通り。

  • ダイレクトメッセージの編集機能
  • チャットのピン留め機能
  • メッセージの開封確認機能
  • 気に入ったスタンプをDMに保存し簡単に使うことが可能に
  • チャットのテーマに新しいテーマを追加

ダイレクトメッセージの編集機能

ダイレクトメッセージの編集機能では、送信後15分以内であれば、編集が可能。

編集機能は、送信済みのメッセージを長押しすると表示されるメニューから「編集」を選択することで変更することができ、編集したメッセージには「編集済み」のラベルが表示されるようになっています。

この機能は、これまで同社のFacebookメッセンジャーでは使えていましたが、今回からInstagramのDMでも利用可能となります。

チャットのピン留め機能

Instagram チャットのピン留め機能

チャットのピン留め機能は、よく使うグループチャットまたは1対1のチャットを受信トレイ上部に3つまで固定することができるようになっています。

チャットをピン留めする時は、スレッドを左にスワイプするか長押しして「ピン留め」をタップすることで可能となっており、いつでもピン留めの解除をすることもできるようになっています。

メッセージの開封確認機能

Instagram チャットの開封確認

メッセージの開封確認では、メッセージを読んだことを相手に知らせることができます。すべてのチャットまたは特定のチャットに対して開封確認をオン・オフにすることを選択できるようになっています。

メッセージの開封確認機能のオン・オフは以下の手順で可能。

  1. 設定
  2. メッセージとストーリーズへの返信
  3. 開封証明を表示
  4. 開封証明をオン・オフを選択

メッセージを読んだことを相手に知らせたくない場合は、オフにしておきましょう。

気に入ったスタンプをDMに保存し簡単に使うことが可能

Instagram スタンプ登録

お気に入りのスタンプをDMに保存して、簡単にアクセスできるようになっています。

保存したいスタンプを長押しすると、次回ステッカーに移動したときに一番上に表示されるようになっています。

さらに、メッセージに返信するときに、ステッカー、GIF、ビデオ、写真、音声メッセージを利用可能。返信したいメッセージを長押しして、返信を選択すると、 オプションが表示されるようになっています。

チャットのテーマに新しいテーマを追加

Instagram チャットテーマ変更

ダイレクトメールでは、テーマを使用してチャットの雰囲気を設定することが可能となっており、チャットごとに設定することができるようになっています。

このテーマに新たに、愛、ロリポップ、アバターなどの最新テーマが導入されています。

チャットのテーマ変更は、上部のチャット名をタップし、テーマに移動し、利用可能なテーマから選択することで変更が可能となっています。

新機能は順次展開開始されており、すでに利用可能となっています。

sourceメッセージの編集、チャットのピン留めなど Instagram DM の最新情報 |Meta

タイトルとURLをコピーしました