WWDC20で正式発表された「iOS14」の注目機能のまとめ

日本時間6月23日2:00から開催された「WWDC20」では新しいOSについての発表が中心となっており、iPhone用の「iOS14」、iPad用の「iPadOS14」、Apple Watch用の「watchOS 7」、Apple Tv用の「tvOS 14」、Mac用の「macOS Big Sur」を正式発表しました。

今回はiPhone用の「iOS14」の主な変更点をまとめました。

iOS14の変更点まとめ

ホーム画面

 

iOS14ホーム画面ウィジェット

「iOS14」ではホーム画面が大幅に変更されており、写真のようにウィジェットをホーム画面に置くことが可能となっています。

その他、「App Library」により自動的にホーム画面のアプリをカテゴリー別にまとめてくれます。また、リストでアプリを探す事も可能となっています。ホーム画面がすっきりするのでうまく整理できない方にはありがたい機能ですね。

ピクチャインピクチャ機能の導入により、FaceTime通話や動画を閲覧しながら他の作業が可能となっています。YouTubeなどで音楽動画を再生しながらブラウザできるようになるのはありがたいですね。

iOS14着信画面

また、「iOS14」では電話やFaceTime及びサードパーティ製アプリの着信画面時、フルスクリーンではなく写真のようにコンパクトな着信画面へと変更となっています。

メッセージ

iOS14メッセージ

メッセージのピン留め機能の導入によりよく使うメッセージにすぐにアクセスする事が可能となっています。最大9つまで設定が可能です。また、固定されたグループ会話では、参加者がメッセージを送信すると、ピンを中心にアニメーション表示されるので、誰がチャットしているか、何を言っているかがわかるようになっています。

その他、インライン返信機能やメンション機能、新しい絵文字の追加などが導入されています。

マップ

iOS14マップ機能

「iOS14」のマップではサイクリングルートを取得できるようになっており、旅行を計画するときに、標高や混雑状況、階段や急な通路を見ることができるようになっています。その他、対応車に限り、電気自動車の車両の充電量を追跡し車に合った充電器の種類があるステーションを案内してくれるようになっています。

また、サンフランシスコ、ニューヨーク、ロンドン、ロサンゼルスなどの都市では食事や買い物を探検できる「ガイド機能」を利用できるようになっています。

翻訳

iOS14翻訳アプリ

「iOS14」で追加となる「翻訳アプリ」では完全にオフラインでの使用が可能で日本語を含む11カ国の言語に対応しています。デバイスを横向きにしてマイクボタンを押すだけで使用できるようになっています。その他、翻訳されたテキストを横向きに拡大して読みやすくする機能も導入されています。

Siri

iOS14Siri

「iOS14」のSiriでは写真のように起動しても全画面にならず、他のアプリを使用ながら使えるようになっており、Siriへのアクセスがしやすくなっています。その他、Siriを使用して簡単にオーディオメッセージを送信できるようになっています。

 

Safari

iOS14Safari

「iOS14」のSafariでは翻訳機能が追加されており、翻訳できるWebサイトにアクセスすると、アイコンが表示されタップして読む事が可能となっています。

また、表示速度を向上させておりAndroid上のChromeよりも最大2倍速いJavaScriptパフォーマンスを実現しているとの事です。

App Clips

iOS14 App Clips
「iOS14」で追加される「App Clips」により、NFCまはたQRコードを使用し、アプリの一部機能をユーザーが手軽に利用できるようになっています。この機能はアプリをダウンロードする必要がなく一部の機能を使う事ができ、かつファイルサイズが軽量のため高速で使用する事ができます。アプリが気に入ればダウンロードする事も可能です。

その他注目機能

「iOS14」では紹介した機能以外にもCarPlayやCarKey、ホームアプリ、AirPodsなどにそれぞれ新しい機能が追加されています。
追加された機能の概要は以下の通り。
  • ホームアプリに顔認識機能追加
  • HomeKitアクセサリーでライトの自動調整
  • CarPlayで新しい壁紙の追加
  • iPhoneを車内のリーダーに置くだけで車のエンジンを始動可能(BMW 5シリーズから順次利用拡大)
  • 鍵の共有も可能
  • AirPodsにデバイス間の自動切り替え機能を追加
  • カメラ起動の高速化
  • メールアプリやブラウザアプリにサードパーティ製アプリをデフォルトアプリとして設定が可能

個人的にはサードパーティ製アプリをデフォルトアプリに設定できるようになるのはありがたい。

iOS14対応デバイスは?

「iOS14」の対応デバイスはリーク情報通りでiOS13と同じとなっており以下の通りです。

  • Phone 11 Pro
  • iPhone 11 Pro Max
  • iPhone 11
  • iPhone XS
  • iPhone XS Max
  • iPhone XR
  • iPhone X
  • iPhone 8
  • iPhone 8 Plus
  • iPhone 7
  • iPhone 7 Plus
  • iPhone 6s
  • iPhone 6s Plus
  • iPhone SE(第1世代)
  • iPhone SE(第2世代)
  • iPod touch(第7世代)

iOS14はいつリリースされるのか

「iOS14」はすでに開発者向けにはベータ版が公開されており、パブリックベータ版は7月一般公開は秋頃を予定しているようです。例年では9月ごろリリースされているので、そのあたりに一般公開される事が予測されます。

「iOS14」の一般公開は9月ごろ

さいごに

今回のWWDC20で発表された内容はリーク情報とほぼ一致していましたが、予測されていた紛失防止タグ「AirTags」の発表はありませんでした。おそらく次回のiPhoneの発表の時にされるのではないかと予測されます。

今回、正式に発表された機能はどれも便利そうな機能ばかり。発表された機能が使えるまでもう少し待ちましょう。

Apple「WWDC20」基調講演を日本時間6月23日2:00からスタート。iOS14で導入される新機能のまとめ
...

 

フォローして最新情報を受け取る
iPhoneの最新情報
この記事を共有する
ENGRAVE