Twitter、フリート機能を8月3日に終了

Twitter フリート終了

Twitterは、2021年7月14日、「フリート」機能を2021年8月3日で終了することを発表しました。

Twitterの「フリート」は、文字や画像、ステッカーを組み合わせて投稿できる機能で投稿後24時間経過すると内容が消えるInstagramのストーリーズによく似た機能。

終了の理由として、ツイートするのをためらう利用者の背中を押すために開発されたものの、すでにツイートすることを楽しんでいる人たちが、自分の投稿を広めたり、他者と直接やり取りするために利用している状況になったためと説明しており、フリートをきっかけに新たにTwitterで会話に参加する人の数が増えておらず、廃止に至ったとのことです。

Twitterは、近日中に「全画面カメラ」や「テキスト形式オプション」、「GIFステッカー」など、フリートを作成する際に利用されていた機能を組み込んだツイート作成画面やカメラ機能のテストを開始するとのこと。

今後、「フリート」が表示されていたタイムラインの最上段スペースには、「スペース」でのライブ会話へアクセスできるアイコンが表示されるようになります。

フォローして最新情報を受け取る
アプリ/サービス
この記事を共有する
ENGRAVE