AmazonスマイルSALE ゴールデンウィーク開催中(4/22まで)
Mac

Apple、3nmテクノロジーを採用する新しいチップ「M3」「M3 Pro」「M3 Max」を発表

当サイトのリンクにはアフィリエイト広告が含まれています

M3チップの特徴

Appleは本日開催されたスペシャルイベント「Scary fast.」において、業界初の3ナノメートルプロセステクノロジーを採用する新しいチップ「M3」「M3 Pro」「M3 Max」を発表しています。

M3チップシリーズは、リアルタイムでハードウェアのローカルメモリーの使用量を割り当てる「Dynamic Caching」を備える次世代GPUを搭載。GPUは以下の新しい機能を備えています。

  • Dynamic Caching
  • ハードウェアアクセラレーテッドレイトレーシング
  • メッシュシェーディング

M1チップシリーズとの比較では、レンダリング速度は、最大2.5倍高速化しており、CPUの高性能コアは30%、高効率コアは50%高速化。Neural Engineは60%高速化を実現しています。

また、メディアエンジンがAV1デコードに対応したことにより、ストリーミングサービスでは、より効率的で高品質なビデオ体験が可能となっています。

さらに、M3は1ワット当たりのパフォーマンスが向上しており、M1と同じマルチスレッドCPU性能を発揮する時の消費電力はわずか半分で、ピーク電力では最大35%高いパフォーマンスを実現しており、M1と同じGPU性能を発揮する時の消費電力も約半分で、ピーク時には最大65%高いパフォーマンスを実現しています。

M3チップの特徴

M3

  • M1より65%高速な10コアGPUを搭載
  • M1より最大35%高速な8コアCPU(4つの高性能コア+4つの高効率コア)
  • 最大24GBのユニファイドメモリに対応

M3 Pro

  • M1 Proより40%高速な18コアGPUを搭載
  • M1 Proより最大30%高速な12コアCPU(6つの高性能コア+6つの高効率コア)
  • 最大24GBのユニファイドメモリに対応

M3 Max

  • M1 Maxより50%高速な40コアGPUを搭載
  • M1 Maxより最大80%高速な16コアCPU(12つの高性能コア+4つの高効率コア)
  • 最大128GBのユニファイドメモリに対応

ニュースリリースApple、パーソナルコンピュータ向けとして最も先進的なチップのM3、M3 Pro、M3 Maxを発表 – Apple (日本)

タイトルとURLをコピーしました