Apple、新しいApple Watchプライドエディションのブレイデッドソロループと文字盤・壁紙を発表。5月22日より注文受付開始

当サイトのリンクにはアフィリエイト広告が含まれています

Apple Watchプライドエディションのブレイデッドソロループ 2024

Appleは2024年5月6日、新しいApple Watchプライドエディションのブレイデッドソロループを発表しています。

新しいプライドエディションのブレイデッドソロループは、複数のプライドフラッグからインスピレーションを得た鮮やかな蛍光性のデザインで、LGBTQ+コミュニティの強さと美しさを連想させ、ラグには「PRIDE 2024」とレーザーで刻まれています。

ブラックとブラウンのカラーは、黒人、ヒスパニック、ラテン系コミュニティの象徴であると同時に、HIV/AIDSの影響を受けている人々の象徴でもあり、ピンク、ライトブルー、ホワイトの色合いは、トランスジェンダーとノンバイナリーの人々を象徴しています。

また、このプライドエディションブレイデッドソロループに対応するプライドラディアンス文字盤とiOSおよびiPadOS壁紙は、近日公開される「watchOS 10.5」「iOS 17.5」「iPadOS 17.5」で利用可能となっています。

今回提供されるプライドラディアンス文字盤とiOS/iPadOS壁紙は、初めてカスタマイズが可能で、ユーザーは色とりどりのカラーから選んで、文字盤と壁紙をパーソナライズすることができ、Apple Watchでは、ユーザーが手首を動かすとジャイロスコープからの情報に応じて、色が文字盤のそれぞれの数字をトレースし、リアルタイムで反応します。また、iPhoneとiPadでは、色のビームが「Pride」の文字を表示し、ユーザーがデバイスをロック解除するとダイナミックに動くようになっています。

プライドエディションブレイデッドソロループのサイズは、41mmと45mmが用意され、「Apple Watch SE」と「Apple Watch Series 4」以降に対応しています。

価格は14,800円(税込)で、5月22日(水)よりapple.comおよびApple Storeアプリで注文受付を開始し、米国とカナダでは5月22日、日本では5月23日(木)よりApple Store直営店で販売開始となっています。

Appleの2024年プライドコレクションがLGBTQ+コミュニティに光を当てる – Apple (日本)

タイトルとURLをコピーしました