Apple、新しいロック画面を採用する「iOS 16」を発表。iOS 16の機能一覧と対応iPhone一覧

iOS 16

Appleは、「WWDC22」の基調講演の中で、iPhone用の次期OS「iOS 16」を発表しました。

iOS 16では、新しいロック画面を採用し、フォントの選択やウィジェットを追加するなどのカスタマイズをすることが可能となっています。

iOS 16 ロック画面

この他、iOS 16では、iCloud共有写真ライブラリが導入され、家族と写真のコレクションをシームレスに共有できるほか、メッセージとメールのアップデートや「テキスト認識表示」と「画像を調べる」などの機能強化が施されています。

iOS 16で導入される機能一覧

iOS 16で導入される機能は以下の通りとなっています。

パーソナライズされたロック画面

iOS 16のロック画面は、新しいマルチレイヤーエフェクトにより、写真の被写体がロック画面で時間の手前に巧みに配置され、奥行きが感じられるようになります。日付と時間の表示も、表現力豊かなフォントスタイルと色を選択して変更可能。

ロック画面では、Apple Watchのコンプリケーションからインスピレーションを得たウィジェットが採用され、今後予定されているカレンダーのイベント、天気、バッテリー残量、アラーム、時間帯、アクティビティリングの進捗などの様々な情報を一目で簡単にチェックすることができます。

新しいロック画面のギャラリーには、特別な文化的なモーメントを祝うプライドやユニティを含むAppleコレクション、一日を通じて変化する天気予報をライブで確認できる「天気」の壁紙、地球、月、太陽系を表示するアストロノミーの壁紙など、インスピレーションを刺激する幅広い選択肢が用意されています。また、お気に入りの絵文字や色の組み合わせを使ってロック画面を作成することもできます。複数のロック画面がある場合は、スワイプするだけでお気に入りの画面を切り替えることができます。

ライブアクティビティは、スポーツの試合、ワークアウト、ライドシェア(タクシーの相乗り)、出前の注文など、リアルタイムの出来事をロック画面上で把握できるようにする新しい機能です。

通知は、パーソナライズされたロック画面をはっきりと見ることができるように、画面下部から表示されるように再設計されています。

集中モード

集中モードがよりパワフルに、より設定しやすくなり、ロック画面と関連付けて、ロック画面の壁紙やウィジェットと特定の集中モードを連動させることが可能となります。集中モードを有効にするには、対応するロック画面にスワイプするだけです。集中モードフィルタでは、カレンダー、メール、メッセージ、Safariなどのアプリケーションでユーザーの集中モードに関連するコンテンツだけを表示することができます。

iCloud共有写真ライブラリで、家族の写真を一か所にまとめる

iCloud共有写真ライブラリは、最大6人のユーザーが共同作業したり、追加したり、楽しむことができる独立したiCloudライブラリで、家族に写真をシームレスに共有する新しい方法をもたらします。ユーザーは、個人ライブラリから既存の写真を共有したり、共有を開始する日または写真に写っている人をもとに共有することもできます。また、カメラアプリケーションの新しい切り替え機能を使って、共有ライブラリに写真を自動的に送信するように選択することもできます。

また、共有写真ライブラリに参加している人が写っている写真を共有するように促す提案も受け取れます。共有写真ライブラリのすべてのユーザーは、共有する写真やビデオを追加、削除、編集したり、お気に入りに追加できます。これらは各ユーザーのメモリーとおすすめの写真に表示されるので、全員がより完全な形で家族の思い出を追体験できます。

メッセージのアップデート

ユーザーは、送ったばかりのメッセージを編集または取り消したり、最近削除したメッセージを復元したり、後で対応できるように会話を未読にすることができます。さらに、SharePlayがメッセージでも使えるようになり、メッセージでチャットしながら、映画や曲などのコンテンツを同期した状態で視聴したり、再生コントロールを共有したりして楽しめます。

メールの新しいツール

ユーザーはEメールの送信を前もって予約でき、受信者の受信ボックスに届く前の短い間に、メッセージの送信を取り消すこともできるようになります。ユーザーがメッセージに添付ファイルなどの重要な内容を入れ忘れた場合は、メールが検知してくれます。また、「あとでリマインダー」を使って、任意の日時にメッセージを再表示させることもできます。「フォローアップの提案」では、返信を受け取っていないEメールのフォローアップをするよう、ユーザーに自動的にリマインドします。メールでは、これまでで最大規模の検索機能の見直しも行われ、最先端の技術を使って一段と関連性が高く、正確で精度の高い結果が提示されます。ユーザーがEメールの検索を始めると直ちに最近のEメール、連絡先、書類、リンクが表示されます。

「テキスト認識表示」と「画像を調べる」の機能強化

「テキスト認識表示」は、デバイス上の知能を使ってiOS全体で画像の中のテキストを認識し、この機能がビデオにまで広がりました。ユーザーは、あらゆるフレームでビデオを一時停止して、テキストを操作できます。また、「テキスト認識表示」に、ユーザーがすばやく通貨を変換したりテキストを翻訳したりできる機能も加わります。

「画像を調べる」には、画像内の対象物を長押しして背景から抜き出し、メッセージなどのアプリケーションに配置する新機能が導入され、写真をより活用できるようになります。また、「画像を調べる」が鳥、昆虫、彫像を認識するように拡張されます。

ウォレットに「Apple Payで後払い」、「注文の追跡」などの機能が追加

「Apple Payで後払い」は、米国のユーザーがApple Payを使った購入の代金を6週間にわたる均等な4回払いに分割でき、無利子で手数料がかからない、シームレスで安全な支払い方法です。Appleウォレットに組み込まれ、ユーザーの経済的な健全性を考慮して設計された「Apple Payで後払い」により、「Apple Payで後払い」の支払い情報をウォレット内で簡単に表示、管理し、返済することができます。ユーザーは、Apple Payまたはウォレットで支払いを行う際に「Apple Payで後払い」を選択できます。

「Apple Payで後払い」は、Apple Payが使える場所であれば、オンラインでもアプリケーション内でも、マスターカードのネットワークを使ってどこでも利用できます。さらに、「Apple Payで注文の追跡」に対応している業者でApple Payを使って購入すると、詳細なレシートと注文追跡情報をウォレットで受け取ることができます。なお、この機能は米国ユーザーのみ利用可能となっています。

ウォレットの鍵と身分証明書への対応が拡大。ユーザーは、本人確認と年齢確認が必要なアプリケーションにウォレット内の身分証明書を使うことができます。

プライバシーが保護され安全な体験を提供するため、アプリケーションには、取引に必要な情報のみが提供されます。ユーザーは、共有される情報を確認でき、Face IDまたはTouch IDを使って共有について同意することができます。さらに、ユーザーは、ウォレットに保存した自宅、ホテル、オフィス、車の鍵を、メッセージやメールなどのメッセージアプリケーションを使って安全に共有できます。

次世代のCarPlay

次世代のCarPlayは、車内にある複数の画面にコンテンツを提供できるようになり、統一されて一貫性のある体験を作り出します。車との緊密な統合により、ユーザーはラジオのコントロールや空調の変更などをCarPlayから直接行えるようになります。

また、CarPlayは車のデータを利用して、速度、燃料の残量、気温などを計器類にシームレスに表示します。ユーザーは、様々な計器類のデザインを選択して、運転体験をパーソナライズできます。また、ウィジェットへの対応が拡大され、天気やミュージックなどの情報を車のダッシュボードで一目で確認できるようになります。次世代のCarPlayに関する詳細情報は、今後発表される予定となっており、対応車種については、来年後半に発表が開始されます。

その他の機能

  • Safariに、友達や家族とウェブサイトのコレクションを共有するための共有タブグループが加わり、シームレスにタブを追加してほかの人が何を見ているのかを確認できるようになりました。パスキーによってSafariでのブラウズがさらに安全になります。パスキーは固有のデジタルキーで、使いやすく、より安全で、ウェブサーバには決して保存されず、デバイス上に保持されるので、データの漏えいでハッカーが盗んだり、ユーザーを騙して共有させたりすることはできません。パスワードに代わるものとして設計されたパスキーは、生体認証にTouch IDまたはFace IDを使用し、iCloudキーチェーンを使ってエンドツーエンドの暗号化を行いながらiPhone、iPad、Mac、Apple TVの間で同期します。パスキーはアプリケーションとウェブの間でも機能し、ユーザーは他社製デバイスで開いているウェブサイトやアプリケーションにiPhoneだけを使ってサインインできます。
  • Appleマップに、複数の経由地を持つ経路が導入されました。ユーザーは最大15か所の経由地をあらかじめ計画でき、出かける準備が整うとMacからiPhoneに自動的に経路が同期されます。また、マップの交通機関の機能もアップデートされ、移動にかかる運賃の確認、交通系ICカードのウォレットへの追加、残高の確認やチャージなどのすべてをマップを離れることなく簡単に行うことができます。
  • ファミリー共有は、はじめから適切なペアレンタルコントロールを設定して子どものアカウントを設定するための、より簡単な方法を提供します。これには、アプリケーション、映画、ブック、音楽などへのアクセスを年齢に応じて適切に制限する提案や、新しいデバイスのセットアップ時に既存のペアレンタルコントロールを自動的に適用する、よりシンプルなプロセスが含まれます。子どもからスクリーンタイムの延長をリクエストされた場合は、保護者はメッセージアプリケーション内ですぐに承認または却下できます。
  • 音声入力は、ユーザーが音声とタッチの間を簡単に切り替えられる、新しいデバイス上の体験を提供します。ユーザーは、キーボードでの入力、テキストフィールドのタップ、カーソルの移動、QuickTypeの候補の挿入のすべてを、音声入力を止めることなく実行できます。さらに、音声入力には、句読点の自動入力と絵文字の音声入力の機能もあります。
  • Siriに、アプリケーションがダウンロードされたらすぐにショートカットを実行する機能が追加され、事前の設定が不要になりました。ユーザーは、メッセージを送信する際に絵文字を追加したり、確認手順をスキップしてメッセージを自動的に送信したり、「Hey Siri、電話を切って」と言うだけで、完全にハンズフリーで電話やFaceTimeの通話を切ったりすることができます。
  • ホームアプリケーションでは、ユーザーはより簡単にアクセサリを操作、整理、表示できるようになり、基盤となるアーキテクチャの拡張によって、一段と効率性と信頼性の高い方法でスマートホームをコントロールできます。iOS 16のソフトウェアアップデートにより、スマートホームの接続規格である「Matter」に今年秋の提供開始後に対応し、幅広いスマートホームアクセサリが様々なプラットフォーム間でシームレスに連係できるようになります。これにより、スマートホームの真のビジョンの実現に向けて前進します。
  • すべてのiPhoneユーザーが、Apple Watchを持っていなくても、フィットネスアプリケーションを使ってフィットネスの目標を追跡し、達成できるようになりました。iPhoneユーザーは、フィットネスアプリケーションで毎日のムーブゴールを設定し、消費したアクティブカロリーがムーブリングを完成させるためにどの程度役立っているかを確認できます。iPhoneのモーションセンサーは、歩数、移動距離、上った階数、他社製アプリケーションからのワークアウトを追跡することができ、それらをアクティブカロリーの推定消費量に換算して、ユーザーが毎日のムーブゴールを達成するのを手伝います。また、ユーザーはモチベーションをさらに高めるために、ムーブリングを友達と共有することもできます。
  • ヘルスケアアプリケーションに「服薬」が加わり、ユーザーは服薬リストを便利に作成および管理したり、スケジュールとリマインダーを作成したり、薬、ビタミン、サプリメントの服用を記録できるようになります。米国では、ユーザーはiPhoneのカメラをラベルに向けるだけで、薬を追加したり、服用している薬の説明書を読んだり、服用している薬の間で重大な相互作用が起こる可能性がある場合に通知を受け取ったりすることができます。さらに、ユーザーはヘルスケアアプリケーションから直接、自分の健康に関するデータを大切な人と共有したり、かかりつけの医療機関から健康に関する記録を取得してPDFを簡単に作成したりすることができます。
  • Apple Newsに新しい「My Sports」セクションが導入され、お気に入りのチームやリーグを簡単にフォローできるようになりました。また、数百もの主要なメディアから記事を受け取ったり、トップレベルのプロリーグと大学リーグのスコア、スケジュール、順位にアクセスしたり、Newsアプリケーションで試合のハイライトを視聴できるようになりました
  • Game Centerではダッシュボードのデザインが刷新され、Game Centerのゲームでの友達のアクティビティや達成状況が一か所に表示されるようになり、プレイヤーがゲームに飛び入り参加したり、友達と競い合うことが簡単になりました。
  • パーソナライズされた空間オーディオにより、より高い精度で臨場感あふれるリスニング体験が可能になります。リスナーはiPhoneのTrueDepthカメラを使って空間オーディオの個人用プロファイルを作成でき、自分専用にチューニングされたリスニング体験が得られます。
  • 新しいプライバシーツールであるセーフティチェックは、他者に許可したすべてのアクセス権をすばやく削除することで、同居するパートナーや親密なパートナーからの暴力によって身の安全が危険にさらされている人にとって役立ちます。これには緊急時にリセットできる機能が含まれ、ユーザーが所有しているその他すべてのデバイスでiCloudから簡単にサインアウトしたり、プライバシー許可をリセットしたり、手元にあるデバイスでしかメッセージを送受信できないように制限することができます。また、どの人やアプリケーションにアクセス権を与えたかを把握したり、管理する上でも役立ちます。
  • アクセシビリティのアップデートには、視覚に障がいのあるユーザーがiPhoneを使って目的地にたどり着く最後の数十センチまでナビゲーションができるようにするドアの検知機能と、身体機能に障がいのあるユーザーが音声コントロールやスイッチコントロールのような支援機能を利用している場合に、iPhoneからApple Watchを完全に操作できるようにするApple Watchミラーリングが含まれます。また、ライブキャプションにより、聴覚に障がいのある方々が電話やFaceTimeで通話したり、ビデオ会議やソーシャルメディアのアプリケーションを使ったり、メディアコンテンツをストリーミングしたり、隣の人と会話したりする際に、より簡単に話の内容が追えるようになります。

なお、ドアの検知機能は、iPhone 13 Pro、iPhone 13 Pro Max、iPhone 12 Pro、iPhone 12 Pro Max、11インチiPad Pro(第2世代および第3世代)、12.9インチiPad Pro(第4世代および第5世代)に搭載されているLiDARスキャナが必要となります。

また、ライブキャプションは、iPhone 11以降、A12 Bionic以降を搭載したiPadモデル、Appleシリコンを搭載したMacで、ベータ版が利用可能となっています。

iOS 16の対応デバイス一覧

iOS 16が利用できるiPhoneは以下の通りとなっています。

  • iPhone 13
  • iPhone 13 mini
  • iPhone 13 Pro
  • iPhone 13 Pro Max
  • iPhone 12
  • iPhone 12 mini
  • iPhone 12 Pro
  • iPhone 12 Pro Max
  • iPhone 11
  • iPhone 11 Pro
  • iPhone 11 Pro Max
  • iPhone XS
  • iPhone XS Max
  • Phone XR
  • iPhone X
  • iPhone 8
  • iPhone 8 Plus
  • iPhone SE(第2世代以降)

iOS 16の提供について

iOS 16のデベロッパ向けプレビューは、本日より、developer.apple.comを通じてApple Developer Programのメンバーに提供されます。iOSユーザーに対しては来月中にパブリックベータ版がbeta.apple.comで提供されます。iOS16は、無料のソフトウェアアップデートとして、今秋、iPhone 8以降を対象に利用可能となっています。

詳細は以下リンクからどうぞ。

apple.com/jp/ios/ios-16-preview

フォローして最新情報を受け取る
iPhone
この記事を共有する
ENGRAVE