有機ELディスプレイを搭載する新型「iPad Air」が2022年に登場し新型「iPad Pro」は2023年に登場か

iPadPro2021

The Elecによると、Appleは2022年に10.86インチの有機ELディスプレイを搭載した「iPad」を発売し、続いて2023年に有機ELディスプレイを搭載した12.9インチの「iPad」を発売する予定とのことで、来年発売のモデルは「iPad Air」、2023年発売のモデルが「iPad Pro」になると予想されます。

レポートによると、「iPad」は有機材料と無機材料を水と酸素から保護するため代替層に有機材料と無機材料を積み重ねることができる有機ELディスプレイパネルを使用するとのことです。

また、2023年に発売される「iPad Pro」には、リジッド有機ELではなくフレキシブル有機ELディスプレイパネルを備え、120Hzリフレッシュレートをサポートすると予想されています。

sourceTHE ELEC via MacRumors