Amazon プライムデー2024 先行セール開催中

「macOS Sonoma 14.4」でiCloud Driveに保存されている過去のバージョンが消える不具合が発生

当サイトのリンクにはアフィリエイト広告が含まれています

macOS Sonoma

MacRumorsが、現地時間3月7日にリリースしたMac用OSの最新版「macOS Sonoma 14.4」でiCloud Driveに保存されている過去のバージョンが消えてしまう可能性があると伝えています。

The Electric Light CompanyのHoward Oakley氏によると、 「Macストレージの最適化」が有効になっている「macOS 14.4」を実行しているユーザーは、ファイルをiCloud Driveローカルから削除することを選択した場合、過去に保存したバージョンのファイルがすべて失われる可能性があるとのことです。

ほとんどのアプリにおいて、作業中にドキュメントのバージョンが自動的に保存されるようになっており、ドキュメントのバージョンを参照して、過去のバージョンに戻ることが可能となっています。

これまでのmacOSでは、iCloud Driveのローカルストレージからファイルを削除 しても、保存されたバージョンはすべて保存され、そのファイルを iCloud Driveから再度ダウンロードすると、そのMacに保存された過去のバージョンにアクセスすることが可能でしたが、「macOS 14.4」では、過去のバージョンがすべて削除されるとのこと。

同氏によるテストでは、この問題が「macOS Sonoma 14.3」や「macOS Ventura」では発生しないことを確認しているため、「macOS 14.4」に限定される問題であるとしており、すでに「macOS 14.4」アップデートしているユーザーに対しては、ファイルをiCloud Driveに保存しないか、「Macストレージの最適化」をオフにすることを推奨しています。

「macOS 14.4」では、この他にもJavaプロセスが予期せず終了する可能性がある問題やUSBハブや外部モニターとの接続の問題やマウス、キーボード、プリンタなど周辺機器との接続不具合などの問題も報告されています。

追記:現地時間2024年3月25日にリリースされた「macOS Sonoma 14.4.1」でこの不具合は解消されています。

関連Apple、USBハブの接続不具合やJavaの問題を修正する「macOS Sonoma 14.4.1」をリリース

タイトルとURLをコピーしました