Apple、「macOS Monterey」と「macOS Ventura」を対象にWebKitの脆弱性を解消するセキュリティアップデート「Safari 17.2」をリリース

Safari

Appleは、現地時間2023年12月11日、「macOS Monterey」および「macOS Ventura」を対象としたセキュリティアップデート「Safari 17.2」をリリースしています。

このアップデートでは、WebKitにおいて、Webコンテンツを処理すると、任意のコードが実行される可能性がある問題や画像を処理するとサービス拒否が発生する可能性がある問題などが、メモリ処理を改善することで解消されています。

「macOS Monterey」および「macOS Ventura」を利用しているMacユーザーは早めにアップデートしておきましょう。

アップデートは→「システム環境設定」→「ソフトウェア・アップデート」から無償で行う事が可能です。

参考Safari 17.2のセキュリティ内容について – Apple サポート

タイトルとURLをコピーしました