Apple

Apple、EUで開発者がウェブサイトから直接iOSアプリを配布できる機能を今春後半導入

当サイトのリンクにはアフィリエイト広告が含まれています

Apple

Appleは、現地時間2024年3月12日、欧州連合 (EU) で開発者がウェブサイトから直接iOSアプリを配布する新しい方法を導入することを発表しています。

このWeb配布機能により、認定された開発者は、開発者が所有するWebサイトからiOSアプリをEUユーザーに直接配布できるようになります。

認定条件は以下の通り。

  • EU内で設立され、EU内に拠点を置き、またはEUで登録された組織としてApple Developer Programに登録していること
  • Apple Developer Programで2年以上継続して優良なメンバーであること
  • 過去1年間にEU内で年間インストール数が100万件を超えたアプリを所有していること

また、開発者は年間インストール100万件ごとに0.50ユーロの手数料をAppleに対し支払う必要があります。

なお、同機能は、今春後半のソフトウェアアップデートで利用可能となります。

関連Apple、EU域内のDMA対応に伴いiOS、Safari、App Storeに関する変更を発表。サイドローディングや代替決済処理が可能に

Getting ready for Web Distribution in the EU – Support – Apple Developer

Core Technology Fee – Support – Apple Developer

タイトルとURLをコピーしました