Apple、「iOS 15.6」をリリース ー 空き領域に関する不具合の修正など

iOS 15.6

Appleは、現地時間7月20日、iPhone用OSであるiOSの最新版「iOS 15.6」をリリースしています。

iOS 15.6には、iPhone用の機能強化、バグ修正およびセキュリティアップデートが含まれています。

具体的には、以下の通り。

  • TV Appに、すでに進行中のスポーツ中継を最初から再生したり、一時停止/早戻し/早送りするオプションを追加
  • デバイスのストレージに空き領域がある場合でも、“設定”に“デバイスのストレージがいっぱいです。”と表示され続けることがある問題を修正
  • “メール”でテキストをナビゲートしたときに点字デバイスの動作が遅くなったり、反応しなくなったりする可能性がある問題を修正
  • Safariのタブが前のページに戻されることがある問題を修正

この他セキュリティアップデートでは、カーネル権限を取得され、任意のコードが実行される可能性がある脆弱性の解消など合計37の問題が改善されています。

問題の中には、iCloudフォトライブラリへアクセスできるなどもあるので、早めにアップデートしておいた方が良さそうです。

公式About the security content of iOS 15.6 and iPadOS 15.6 – Apple サポート (日本)

なお、iOS 15.6へのアップデートはiPhone 6s 以降のデバイスが対応しています。

アップデートは「設定」→「一般」→「ソフトウェア・アップデート」から行う事が可能ですが、必ずバックアップをした後に行うようにしましょう。

関連iPhoneのiOSとは?iOSの歴史とiOSでできる事やアップデートの方法

フォローして最新情報を受け取る
iPhone
この記事を共有する
ENGRAVE