Amazon プライムデー2024 先行セール開催中

Apple、iOS 17を発表。iOS 17の機能一覧と対応iPhone一覧

当サイトのリンクにはアフィリエイト広告が含まれています

iOS17の特徴

Appleは、現地時間2023年6月5日「WWDC23」の基調講演の中で、iPhone用の次期OS「iOS 17」を発表しました。

iOS 17では、電話アプリなどコミュニケーションアプリが大幅にアップデートされるほか、AirDropでのより簡単な共有、より進化したテキスト入力、iPhoneを置いて充電している時にユーザーが情報を一目で確認できるように表示する新機能スタンバイが導入されています。

iOS 17の特徴

コミュニケーションアプリの大幅アップデート

iOS17 電話アプリ

電話アプリでは、連絡先に表示する自分のビジュアルをカスタマイズでき着信時の表示を一新することが可能。任意の写真やミー文字を設定できるようになったほか、縦書き表示にも対応しています。

また、留守番電話のメッセージをリアルタイムに書き起こす「ライブ留守番電機能」を追加。ユーザーはそれを確認することで電話に出るかどうか判断することができるようになります。なお、通信事業者によって迷惑電話と識別された番号からの電話は、ライブ留守番電話には表示されず、直ちに着信拒否されるようになります。

メッセージアプリでは、新たに「検索フィルター」を追加して過去のやり取りから探している情報を正確に見つけられるようになったほか、写真の被写体を抜き出してステッカー化する「Liveステッカー」機能を実装。オーディオメッセージでは、自動的に書き起こされ、ユーザーはその場で読むことも、あとで聞くことも可能となっています。この他、返信操作の簡易化や目的地への到着を相手に知らせる「安否確認」なども追加されています。

FaceTimeでは、オーディオとビデオによるメッセージに対応し、相手が電話に応答しない場合、ビデオメッセージを残すことができるようになります。また、Apple TVに対応しています。

NameDrop

AirDropでは、「NameDrop」という新しい共有方法が加わっており、ユーザーはiPhone同士、またはiPhoneとApple Watchを近づけるだけで、連絡先情報を簡単に共有することできます。

また、iPhone同士が近くにある場合、同じジェスチャーを使って、コンテンツを共有したり、SharePlayを開始して音楽を聴いたり、映画を鑑賞したり、ゲームを楽しんだりすることができます。

iPhoneをスマートディスプレイのように使うことができるスタンバイ機能

iOS17 スタンバイ機能

充電中iPhoneをスマートディスプレイのように使うことができる「スタンバイ」機能を導入。充電中に端末を横向きにすると、自動で時計や写真などのウィジェットを表示するようになり、ライブアクティビティ、Siri、着信、通知に対応。MagSafeでの充電時には、スタンバイはユーザーの好みの表示を記憶。スタンバイは、画面をタップするだけでいつでも簡単に表示でき、常時表示ディスプレイを備えたiPhone 14 Proでは、常に利用することが可能です。

自動修正と音声入力の改良

自動修正が全体的にアップデートされ、単語予測のためのTransformer言語モデルにより、ユーザーがタイプ入力するたびにその体験と精度が向上。さらに、デザインが刷新され、タイプ入力のサポートが向上したほか、文レベルの自動修正によってより多くの種類の文法ミスを修正できます。

ユーザーが入力し始めると予測テキストの提案がインライン表示され、スペースバーをタップするだけで単語全体を追加したり文を最後まで入力したりすることが簡単にできるようになり、テキスト入力が素早くできるように改善されています。

また、音声入力は新しい音声認識モデルを活用し、さらに精度が高くなります。

ジャーナルアプリの追加

iOS17 ジャーナル

新たに導入される日記アプリ「ジャーナル」は、デバイス上の機械学習を活用してパーソナライズされた候補が表示され、日記をつけることを促してくれます。
候補は、写真、人々、場所、ワークアウトなどの直近のアクティビティから厳選されるので、日記をつけ始めやすくなり、通知のスケジュールを設定すれば、日記をつけることの習慣化に役立ちます。
アプリのロック機能、デバイス上の処理の活用、エンドツーエンドの暗号化により、ジャーナルはユーザーのプライバシーを保護するように作られており、ユーザーが入力した情報にはAppleを含め誰もアクセスすることができず安心して利用することができます。

 

その他iOS 17の機能一覧

iOS 17

  • Safariでは、ユーザーのブラウズ時のトラッカーと、ユーザーのデバイスにアクセスできる人物の両方から、プライベートブラウズを保護する機能がさらに強化されます。高度なトラッキングとフィンガープリント保護が一段と進化し、ウェブサイトによるトラッキングやユーザーのデバイスの特定を未然に防ぎます。プライベートブラウズのウインドウは使用していない時はロックされるため、デバイスから離れる時でもタブを開いたままにしておけます。
  • パスワードとパスキーをさらに簡単に、そしてより安全に共有できるよう、ユーザーは信頼できる連絡先グループとパスワードを共有できるようになります。パスワードを最新に保つため、グループ内の全員がパスワードを追加および編集できます。iCloudキーチェーンを通じて共有されるため、エンドツーエンドで暗号化されます。
  • ヘルスケアアプリに新しい心の健康の機能が加わります。日々の気分や一時的な感情を記録したり、自分の心の状態に影響を与えている可能性がある物事を確認したり、クリニックでよく使われているうつや不安症の検査や、お住まいの地域で利用可能なリソースに簡単にアクセスすることができます。さらに、デバイスを見る距離を改善することで、子どもたちの近視になるリスクを低減し、成人ユーザーのデジタル眼精疲労を軽減できるようにします。スクリーンタイムの「画面からの距離」は、TrueDepthカメラを使って、顔から30センチ未満の距離でデバイスを持っている時間が続くと、デバイスを遠ざけるようにユーザーに促します。
  • マップにオフラインマップが追加されたことにより、ユーザーは特定のエリアをダウンロードして、ターンバイターンナビゲーションの使用、到着予定時刻の確認、マップでの場所の検索など、さらに多くのことがオフラインでできます。さらにマップでは、米国の公園内の何千というハイキングコースをこれまで以上に簡単に見つけられるようになり、電気自動車のドライバーにリアルタイムで充電可能な場所の情報を提供します。
  • AirTagを最大5人と共有して、友人や家族が「探す」で持ち物を追跡することができます。グループ内の全員が持ち物の位置情報を確認し、サウンドを再生し、「正確な場所を見つける」機能を使って近くにある共有AirTagの位置情報をピンポイントで特定することができます。この機能は「探す」ネットワーク上にあるほかのすべてのアクセサリでも使えます。
  • Apple Musicには共同作業プレイリストが追加され、友人と一緒に音楽を聴くのがこれまで以上に簡単になるほか、車の中でSharePlayを使って、車内にいる全員が再生する曲を簡単に追加できるようになります。一緒に聴いている人はApple Musicのサブスクリプションに登録していなくても、自分のデバイスで音楽をコントロールできます。
  • デバイス上の知能がユーザーの好みを学習するようになり、AirPlayを使ったコンテンツの共有が一段と簡単になリます。AirPlayは、ホテル内の対応するテレビでも機能するため、旅行中も簡単にお気に入りのコンテンツをテレビで楽しめます。この機能はプライバシーとセキュリティを基盤に構築されており、インターコンチネンタルホテルズ&リゾーツ系列から開始して、年内に一部のホテルで利用可能になります。
  • AirPodsには、パーソナルなオーディオ体験を再定義する適応型オーディオ、パーソナライズされた音量、会話感知などのパワフルな新機能が追加されます。さらに、デバイスの自動切り替え機能や通話コントロールの向上によってAirPodsが一段と使いやすくなります。
  • ホームアプリには、ドアの鍵、ガレージのドア、警報システム、接触センサーの最大30日間のアクティビティ履歴を確認できる機能が追加されます。さらに、2つの人気の高いHomeKitのロック機能である、タップしてロック解除とPINコードがMatter対応の鍵で利用可能になり、家をつなぐ方法がさらに増えます。
  • リマインダーの買い物リストでは、追加したアイテムが自動的にカテゴリ別に分類され、買い物がさらに簡単になります。ユーザーはアイテムをグループに分ける方法を変更でき、ユーザーの好みがリストに記憶されます。
  • 「画像を調べる」が一時停止したビデオのフレームでも利用できるようになります。さらに、食べ物、店舗、標識、記号も特定し、写真やビデオから個々の被写体を抜き出せるようになります。
  • 「Siri」と言うだけでSiriが起動するようになります。起動後は、Siriアシスタントを再び起動しなくても複数のコマンドを連続して伝えることができます。
  • 写真では、デバイス上の機械学習を活用して、ユーザーのお気に入りの人々が「ピープル」アルバムでより多く認識され、猫や犬も認識されます。
  • プライバシーのアップデートによって「コミュニケーションの安全性」がメッセージアプリ以外にも拡大され、AirDrop、連絡先ポスター、FaceTimeメッセージでコンテンツを送受信をする際や、送信するコンテンツを選ぶために写真のピッカーを使用する際に、子どもたちが安全に守られます。静止画像だけではなくビデオコンテンツにも対象が拡大されます。新機能の「センシティブな内容の警告」を使うと、成人ユーザーは望まないヌード画像やビデオが表示されないようにすることができます。「コミュニケーションの安全性」と同様、「センシティブな内容の警告」の画像とビデオの処理はすべてデバイス上で行われるため、Appleはこれらのコンテンツにアクセスできません。
  • アクセシビリティのアップデートには、認知障がいを持つユーザーがiPhoneをもっと簡単に自立して使えるようにサポートするカスタマイズ可能なインターフェイスであるアシスティブアクセス、非発話者のユーザーが対面での会話や電話、FaceTime通話の際に話したいことをタイプすると読み上げてもらうことができるライブスピーチ、発話能力を失うリスクのあるユーザーに、自分が話しているように聞こえる声を作るオプションを提供するパーソナルボイス、指し示した対象物に書かれているテキストを読み上げることで視覚障がいのあるユーザーをサポートする「ポイントして読み上げ」が含まれます。

iOS 17の対応機種

iOS 17の対応機種は以下の通り。iOS 16ではサポート対象となっていた「iPhone X」「iPhone 8/8 Plus」はiOS 17ではサポート対象外となっています。

  • iPhone 14
  • iPhone 14 Plus
  • iPhone 14 Pro
  • iPhone 14 Pro Max
  • iPhone 13
  • iPhone 13 mini
  • iPhone 13 Pro
  • iPhone 13 Pro Max
  • iPhone 12
  • iPhone 12 mini
  • iPhone 12 Pro
  • iPhone 12 Pro Max
  • iPhone 11
  • iPhone 11 Pro
  • iPhone 11 Pro Max
  • iPhone XS
  • iPhone XS Max
  • iPhone XR
  • iPhone SE(第2世代)
  • iPhone SE(第3世代)

iOS 17の提供について

iOS 17のデベロッパ向けプレビューは、本日より、developer.apple.comを通じてApple Developer Programのメンバーに提供されます。iOSユーザーに対しては来月中にパブリックベータ版がbeta.apple.comで提供されます。iOS 17は、無料のソフトウェアアップデートとして、今秋、iPhone XS以降を対象に利用可能となっています。

詳細は以下リンクからどうぞ。

ニュースリリースiOS 17でiPhoneがよりパーソナルで直感的に – Apple (日本)

タイトルとURLをコピーしました