Apple、Podcastサブスクリプションサービスの提供開始を6月に延期

「Apple Podcastサブスクリプション」の概要

AppleがスペシャルイベントSpring Loaded.において発表した「Apple Podcastサブスクリプション」は5月より開始すると案内されていましたが、サービス開始が6月に延期されることが判明しました。

関連記事Apple、有料配信の視聴・配信ができる「Apple Podcastサブスクリプション」を正式発表

MacRumorsによると、Appleは「Apple Podcast」を利用するクリエイターに対し、サブスクリプションのサービス開始を6月まで延期することを通知しており、延期の理由としてはクリエイターとリスナーに「最高の体験」が確実に提供されるようにするためと案内されているとのことです。

ここ数週間、一部のクリエイターにコンテンツの提供や「Apple Podcasts」へのアクセスに遅延が発生しており、この問題にはすでに対処済とのことですが、Appleは問題が発生しているクリエイターには問い合わせしていただくように案内しているとのこと。

また、Appleは「iOS 14.5」で刷新した「Podcast」のUIデザインにユーザーが非常に不満を持っていることを認めており、今週アップデートした「iOS 14.6」で一部改良を行い、今後数週間のうちにライブラリに追加の機能強化を行う予定であることが案内されています。

iOS 14.6」で「Podcast」のサブスクリプションのサポートは追加されていますが、現時点ではサブスクリプションの提供は開始されておらず、提供開始が6月に延期された事は判明したものの具体的な日付はまだ案内されていません。

sourceMacRumors