Amazon プライムデー2024 先行セール開催中

「iPhone 16」シリーズの「キャプチャボタン」は動画撮影用にズームやフォーカス操作が可能

当サイトのリンクにはアフィリエイト広告が含まれています

iPhone 15 Pro 米国モデル

MacRumorsは、The Informationの情報として、来秋に発売が見込まれる「iPhone 16」シリーズで新たに追加される「キャプチャボタン」は、撮影時にズームやフォーカスの操作ができるようだと伝えています。

このキャプチャボタンは動画撮影用のボタンで、機械式ではあるものの、タッチ入力や圧力に反応するようになっており、左右にスワイプしてズームイン・ズームアウト操作ができ、軽く押すとフォーカスし、強く押すことで録画ができるとのことです。

The Informationによると、Appleはこのキャプチャボタンを「iPhone」の右側にある電源ボタンの下に設置し「iPhone」を水平方向に持ったときに押しやすいようにすることで、動画撮影用カメラの代替品として「iPhone」を売り出すことが狙いだろうと予想しています。

なお、この記事の冒頭写真でわかるように「iPhone 15」シリーズの米国モデルでは、電源ボタンの下にmmWaveアンテナ(ミリ波用アンテナ)が設置されていますが、この新しい「キャプチャーボタン」の搭載により、本体左側面に移動する予定とのことです。

sourceMacRumors

「iPhone 16 Pro」には5倍光学ズームのテトラプリズム望遠レンズを搭載
「iPhone 16」シリーズでは、全てのモデルにA18チップを搭載
Apple、「iPhone 16」シリーズ向けチップの生産を拡大。全モデルでApple Intelligenceの利用が可能に
「iPhone 16 Pro」シリーズでは、明るさを向上するSamsungの「M14」OLEDディスプレイパネルを採用
Apple、「iPhone 16」で新しいバッテリー交換方法を導入へ
タイトルとURLをコピーしました