iPhone

「iPhone 16」用のケース写真が公開。カメラレイアウトは縦型で確定か

当サイトのリンクにはアフィリエイト広告が含まれています

iPhone 16ケース

リーカーのSonny Dicksonが、「iPhone 16」用のものとするケースの写真をXに投稿しています。

「iPhone 16」用のものとするケースが公開されたのは今回が初めてのことで、これまでのを裏付けるような、リアカメラが縦型レイアウトになっていることが確認できます。

また、リアカメラ横にはLEDフラッシュ用の丸い開口部があるほか、ケース右側下部には、搭載がされているキャプチャボタン用の開口部があることも確認できます。

数ヶ月前からAppleは、「iPhone 16」用のカメラバンプのデザインをテストしており、「iPhone X」のような縦型方向のカメラレイアウトを特徴としています。現行の斜めカメラレイアウトからこの縦型カメラレイアウトへの変更理由は、空間ビデオ録画のためと見られています。

サードパーティのケースメーカーは、次期iPhoneの初期ケースデザインをリーク情報に基づいて作成することが多いため、Appleが最終的にこのデザインを採用するかはまだ不明なものの、ここ最近の継続的なリーク情報から、Appleが「iPhone 16」のデザインを確定した可能性が高いと見られます。

なお、「iPhone 16」シリーズは2024年9月に発売されることが予想されています。

iPhone 16の噂

iPhone 16シリーズの金属製モックアップが公開。全モデルにアクションボタン・キャプチャボタンが搭載
iPhone 16 Proモデルのチタニウムフレームは光沢のあるポリッシュチタン仕上げを採用か
「iPhone 16」用のケース写真が公開。カメラレイアウトは縦型で確定か
iPhone 16 Proモデルに新色ローズが登場か
「iPhone 16 Pro」のCADレンダリング画像が公開。新しいキャプチャボタンが搭載されディスプレイサイズは変更か
タイトルとURLをコピーしました