Apple、Mac用の次期OS「macOS Monterey(モントレー)」を正式発表。注目機能と対応デバイス一覧

 

macOS Monterey(モントレー)の注目機能まとめ

Appleは本日(日本時間2021年6月8日2時)より開催された「WWDC21」の基調講演でMac用の次期OSである「macOS Monterey(モントレー)」を正式発表しました。

macOS Monterey(モントレー)」では、「iOS15」や「iPadOS15」と同じくFaceTimeのメジャーアップデートや気が散ってしまうことを減らす新機能「集中モード」の他、通知機能の改善、メモに「クイックメモ」およびタグ機能の追加などが行われ、さらに複数のデバイス間でよりスマートに作業し、集中力を保つための新しい方法「ユニバーサルコントロール」機能が追加されています。

macOS Monterey(モントレー)の注目機能

「ユニバーサルコントロール」機能

ユニバーサルコントロール」機能はAppleの他デバイスとの連係機能が強化され、複数のAppleデバイスを連係することができる機能です。

ユニバーサルコントロール」機能を使うことで、1つのマウスとキーボードでMacとiPadを行き来するシームレスな体験が可能となります。設定不要でデバイス間でコンテンツをドラッグ&ドロップすることが可能です。

例えば、Apple Pencilを使ってiPadでイラストを描き、そのイラストをドラッグしMac上のKeynoteスライドに配置するといった作業が可能となります。

なお、このユニバーサルコントロールは2台間だけでなく、3台のデバイスでも使用可能です。

ショートカット

macOS Monterey(モントレー)ショートカット

iOSですでに導入されている「ショートカット」が、macOS MontereyでMacに対応。ファイルを共有したり、アニメーションGIFの作成といったタスクが簡単に実行可能となります。

「ショートカット」はメニューバーでも、Finderでも、Spotlightでも、さらにはSiriを使えばハンズフリーで、開いているアプリに関係なくどこからでも簡単に実行することができます。

また、「ショートカット」には既存のAutomatorのワークフローを簡単に読み込める機能も備わっており、すぐにでも使うことができます。

macOS Monterey(モントレー)が利用できるMacデバイス一覧

macOS Monterey(モントレー)の対応機種一覧

macOS Monterey(モントレー)」の対応機種は以下の通りとなっています。「macOS Big Sur」と比較すると一部モデルが対象外となっています。

  • iMac(2015年後半以降)
  • Mac Pro(2013年後半以降)
  • iMac Pro(2017年以降)
  • Mac mini(2014年後半以降)
  • MacBook Air(2015年以降)
  • MacBook(2016年以降)
  • MacBook Pro(2015年以降)

「macOS Monterey(モントレー)」でサポート対象外となるMac一覧

macOS Monterey(モントレー)」が利用できないMacは以下のとおり。

  • iMac(2014年モデル)
  • MacBook Air(2014年モデル)
  • MacBook(2015年モデル)
  • MacBook Pro(2014年モデル)

これらのデバイスを利用している方は買い替えを検討した方がよさそうです。

macOS Monterey(モントレー)は今秋一般公開

macOS Monterey(モントレー)のデベロッパー向けプレビューは本日6月8日より「developer.apple.com」を通じて「Apple Developer Program」メンバーに提供されます。

デベロッパー以外の一般ユーザーに対しては、来月中にパブリックベータ版が「beta.apple.com」で提供される予定となっています。

なお、一般公開の正式リリースは今秋(9月)に行われる予定です。