iPhone 13シリーズのバッテリー容量が判明か。すべてのモデルで増量に

iPhone 13 バッテリーサイズ

リーカーの有没有搞措氏がWeiboにて、iPhone 13シリーズのモデル番号とバッテリー容量に関する情報が公開されていると報告しています。

どこかの認証機関のものと思われるスクリーンショットを投稿しており、その情報によると、iPhone 13シリーズのバッテリー容量はすべてのモデルでサイズが大きくなるとのことです。

iPhone 13シリーズはすべてのモデルでバッテリーサイズが増量

iPhone 13シリーズは現行のiPhone 12シリーズと同じ4モデル構成になると言われており、バッテリーサイズからA2653が「iPhone 13 Pro Max」、A2656が「iPhone 13」と「iPhone 13 Pro」、A2660が「iPhone 13 mini」になるものと推測されます。

バッテリーサイズは以下のとおり。

iPhone 13 mini2227mAh→2406mAh(+8%)
iPhone 132815mAh→3095mAh(+9.9%)
iPhone 13 Pro2815mAh→3095mAh(+9.9%)
iPhone 13 Pro Max3687mAh→4352mAh(+18%)

iPhone 12シリーズのそれぞれのモデルから比較して8〜18%バッテリーサイズが増量している事がわかります。

iPhone 13シリーズで登載されると見られているA15チップは、エネルギー効率を向上させることから、バッテリーサイズの増量と組み合わせることで、バッテリーの持続時間の大幅な向上が期待できそうです。

これらのバッテリーサイズの増量の理由としては、iPhone 13 ProおよびiPhone 13 Pro Maxに登載されると見られている消費電力の高いProMotion 120Hzディスプレイに対応するためと予測されています。また、iPhone 12 miniは小さいバッテリー容量が原因となり、売上が低迷したことから、iPhone 13 miniではバッテリーサイズを増量することでその問題にAppleが対応したと見られています。

なお、以前iPhone 13シリーズの図面が流出し、本体サイズが若干厚くなっていることをご紹介しましたが、その理由としては、このバッテリーサイズの増量と予測されています。

参考「iPhone 13 mini」と「iPhone 13 Pro Max」の図面が流出。本体サイズの一部が明らかに

sourceMacRumors